乾癬の基礎

乾癬とは?

乾癬(かんせん)とは、皮膚が赤くなってその部分が盛り上がり、表面に白い垢が分厚く付着して、その一部がぽろぽろと剥がれ落ちてくる病気のことです。

乾癬の皮膚では、炎症を起こす細胞が集まって活性化しているので、毛細血管が拡張して、皮膚が赤みを帯びた状態となります。表皮の細胞が健康な人の皮膚と比べて10倍以上の速度で生まれ変わり、皮膚の再生が過剰な状態になります。

この病気は「かんせん」という名前ではありますが、空気感染したりする病気ではなく、また、周りの人に感染るという病気でもありません。乾癬の中で最も多いのが尋常性乾癬と呼ばれるもので、これは普通の乾癬という意味を持ちます。

欧米の白人では有病率が3%と高い病気ですが、日本人では0.1%前後であり、日本全国の中で約10万人以上の患者がいると推定されている病気です。男女比は2:1で男性に多く見られ、乳幼児から高齢者まで年齢層は幅広いのですが、その多くは男性ですと30~40代の人が発症します。

女性の場合は10代と50代での発病が多いといわれています。乾癬には全体の9割を占める尋常乾癬の他に、滴状(てきじょう)乾癬、乾癬紅皮症(こうひしょう)、膿疱性(のうほうせい)乾癬、関節症性乾癬などがあります。

□あわせて読みたい
乾癬(かんせん)の治療に効果的な市販薬やシャンプーを知りませんか?

MENU